成城に住むにあたっての最大の敵は何であったか。

それは、「蚊」だ。街全体が公園のようなものだから、蚊はゆったりと暮らしている。桜並木の消毒に用いる薬剤は、蚊も含めてすべての虫類を駆除するほどの強力なものだが、この駆除作業は、個々の住民の要求があってはじめて役所が対応するものであり、街全体が駆除の対象になっているわけではない。この事情は、杉並などにおいても同様であり、阿佐ヶ谷や高円寺の公園を訪れた人々の脛に残る傷跡がその辺の事情を物語っているかも知れない。これまでは上北沢のビルの6階を仕事場にしていたから、老朽化によるひび割れや地震の揺れ以上に蚊の脅威に晒されることはなかった。だが、緑地帯を控えた成城二丁目の部屋には常駐する蚊がいるらしく、夜中に襲われてひどい目にあったのが、成城での最初の夜であった。

早速、翌日、駅ビルにある著名店で、「あのぉ、蚊取り線香ありますか?」と尋ねると、「季節が過ぎましたのでねぇ」という冷たい返事であった。しかし、店員の方は老人の私をみてふと思いとどまって売り場を確認しに行き、そこにたったひとつ売れ残りの商品があることを発見した。そこで私は大枚374円を支払って最後のひと箱を購入し、その夜は平穏な中に眠ることができた。ところが、蚊取り線香というのは一時的に蚊を眠らせる効果しかないものとみえて、翌日以降再び蚊に悩まされることとなった。成城の夜はこのようにして蚊との戦いから始まったのである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック